草原になびく草花と飛び回る蜂

勢いで自転車をこぐ友達と気の抜けたコーラ草原になびく草花と飛び回る蜂

たとえば、地球を初めて見る宇宙人に「アイスコーヒー」のことを説明するとしたら、どんなふうに説明する?「パエリア」の性質とか、いやいや、まずはこの世界のことから説明するかもしれないね。

陽気に口笛を吹く彼とファミレス

晩酌などのお酒のお供に、ローカロリーで体に良い食材を!と思っている。
ロングヒットなお気に入りだったのは、ニンニク。
その前はサンマ。
それにも飽きて、近頃は、鰻だけれど、高いので断念。
今日、新メニューを発見した。
スーパーで100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、オリーブオイルで炒めて、みりんと塩コショウを少々ふりかけて味付た物。
とてもお金は低いし、KCALも低い気がしませんか。

具合悪そうに体操する母さんと草原
ベローチェでもその他カフェでもさまざまな場所で香り高いコーヒーを飲むことができる。
他にも、どこかでインスタントを入れてもいいし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が好きなのがスターバックスだ。
どこ店でも禁煙と言うのが、煙草の無理な私にとってポイントが高い。
なので、コーヒーの香りをより堪能できる。
価格も張るけど、上質の豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないだろう。
甘い物が好きなので毎回コーヒーとともに、つられて甘い物も注文してしまうという落とし穴もある。

陽の見えない祝日の早朝はお酒を

少し時間にゆとりが持てたので、ゲオに向かった。
新しくMP3プレイヤーに入れる楽曲を見つけるため。
この春、よく楽しんだ曲が西野カナ。
時期に関係なく聞いているのは洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品もかっこいいなーと思う。
そこで、今日は借りたのは、フレンチポップだ。
甘いボイスとフランス語が良い感じだと思う。

息もつかさず大声を出す妹と濡れたTシャツ
とある夏の朝。
少年は外で、蟻の行列が死んだ虫をせっせと運ぶところをじっくり見ていた。
蟻たちは一生懸命働いているのだが、虫の死体一つでこんなにもたくさんの蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は不思議に思った。
少年は、アリ達を指ではじいたらどうなるかな、という欲求が湧いてきた。
でも、今日は何もせず見守ることにした。
真夏なので、少年の汗は顔中からあふれ、雫となって蟻たちの近くに落ちた。

夢中で話すあなたと霧

知佳子はAさんの事が大好きな様子だ。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子もついて行くし、今回は私も一泊だけ一緒に行った。
2人は私を同じニックネームで呼びかけるし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、二人して、私に質問してくれる。
なぜか目をかけてくれているような感じがしてとても空気が良いと思った。

余裕で口笛を吹く兄さんと読みかけの本
思ったより布は安い物がない。
娘が幼稚園に2週間後に入園するので、きんちゃく袋のようなものが指定された必要品だけど、しかし、案外縫物の為の生地が高かった。
ひときわ、キャラクターものの生地なんて、めっちゃ高かった。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの布がとても価格が高かった。
使うサイズの布製の袋を購入した方が手っ取り早いし、楽なのだけれど、へんぴな所なので、確認したら、みんな、お手製だし、近くに販売していない。

風の無い仏滅の夜に友人と

久しく行ってなかった外での仕事の日、初めて業務で組んだAさんという男性は、怖そうな先輩だ。
初めて会った時以降無口で、プラーベートな会話は少しも聞いたことがなかった。
その際、何気なくAさんの腕まくりした腕を拝見して衝撃を受けた!
大きめのパワーストーンブレスが10個以上つけられていたため。
思わず、天然石大好きなんですね!と出てしまったほど。
するとAさんは得意げで、なおかつ可愛い顔で、種類別の天然石の名前語ってくれた。

天気の良い仏滅の晩はビールを
息子の4歳の誕生日が近づいているので、プレゼントをどんなものにするかを迷っている。
妻と話し合って、体で遊ぶおもちゃか知育玩具か着るものなどにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実物を見て決めることにしたけど、ピンとくるものがない。
だけど、こどもに触らせてみたら、すぐに決まった。
トンネルの遊具に夢中だったので、それに決めた。
ただ、今のアパートが小さいので、小さくて折りたたみ可能なものに話して決めた。
販売価格もなかなか安かったので、助かった。

陽気に吠える妹と花粉症

御盆が近づいて、「とうろう」などの行事が近郊で遂行されている。
近くの観光施設では、竹やすだれで工作されたとうろうが飾られていた。
近くのイベント会場では、暗くなってからは電気の照明はついてなくて、ろうそくの光だけなのは、とても良かった。
竹や和紙に囲まれて明かりが灯っており、温和な灯りになっていた。
マイルドな輝きがそこらの木々を照らしていてたいそうきれいだった。

気持ち良さそうにダンスする兄さんと俺
友達のチカコは頭がキレる。
頭が良いなーと思わされる。
決して人を否定したりはしない。
何この人?と思っても、ちょっとでも相手の考えも酌む。
なので、視野が膨らむし、強くなれるのだ。
意見を貫くよりも、こうしている方がチカコにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、悪いことが起きても糧にするやり方をよく分かっている。


先頭へ
Copyright (C) 2015 草原になびく草花と飛び回る蜂 All Rights Reserved.